京都珈琲案内

植島潤という、京都のバンド「閑話休題」の中の人がお送りする、
京都を中心とした珈琲店、喫茶店、及びカフェの記録及び紹介。
自宅で焙煎をしたり、ネルドリップやエスプレッソマシンをいじったりしています。
また、自宅をカフェのように改造して遊んだりもしています。

【閑話休題の楽曲視聴はこちら】
https://youtu.be/vsB0nOVW_JE



人気ブログランキングへ

AB96EE68-5C27-425F-A661-A98FDD8D9D4D

The Moon and Sixpence at Nijou-Takakura. 
https://instagram.com/_moon6pence_official?utm_medium=copy_link 


I was faced a turning point by this cafe in coffee. Please forgive me for not keeping in touch.


【超訳】

私が京都で珈琲が好きになったきっかけは六曜社珈琲店地下店でしたが、そのあとにどハマりしてちょくちょく通っていたのが月と六ペンスでした。私の珈琲人生におけるある意味ターニングポイントとなったお店のひとつです。


ほんの少し低温で、ちょっとスモーキーな深煎りの甘いコクがこってりしたペーパードリップは、淹れ方を見ても特段不可思議なことをしているのでもないのに、理屈抜きでこの店でしか味わえません。深煎りペーパードリップの醍醐味を私に教えてくれた、私のペーパードリップにおける理想の味のひとつです。グアテマラとかマンデリンとかのかなり深いやつがベースなんかなぁ、分からんけど。


しばらくご無沙汰していましたが、ちょっと前に一旦店を閉めたのち、このたび会員制になって再オープンしたのでお伺いしました。数年間ご無沙汰してしまっていたので、店主の方は私のことは覚えていないかもでしたが、それでも前と同じように暖かく迎えてくださりました。


私はここではいつも同じメニュー。極上の深煎り珈琲と小さなサラダ付きのバタートーストを。児玉清のエッセイを読みながらぼんやりと時間を忘れて過ごす贅沢。会員登録も無事終了。京都にいる限り必ず行くべきですね。ただ、初めて行く方はまずはインスタでお店のルールの確認とDMでの会員登録問い合わせをお忘れなく。



「人気ブログランキング」にぽちっとな

↑このページのトップヘ